コンテンツへスキップ

乗務日報

久々の投稿です。
残念ながら未だに現場復帰しておりません。
乗務日報を楽しみにしていた方には大変申し訳ありません。
本日は掲題について書いていきます。
なかなかこういう事を話題にする事も今後ないかと思いますので、ある意味で貴重な記事になるかと思います。

結論、コンサルさせて頂いた大半の乗務員さんには喜んで頂けています。
非常に有り難いです。
この結果は本当に私も嬉しく思います。
受講生の方々の向上心や吸収力あるいは実践力のお陰です。
すぐに良い結果が出た乗務員さんに対しては、特に私から何もいう事はありません。
そのままの調子で今後も営業の研究に励んで頂きたいと思っております。
しかし一部の受講生の方々は、結果があまり変わらないという方もいらっしゃいます。
この理由または原因は一体、何なのでしょうか。
お会いした以上、絶対に結果を出してほしい。
そういう思いでアフターフォローさせて頂いている最中に、私なりに気づいた点が5つあるのでシェアさせて頂きます。

①伝えた内容の本質を理解できていない
例えば、付け待ちポイントを受講生の方に伝えたとします。
受講生の方がいざ乗務中に試してみようとすると、他のタクシーが付け待ちしていて付けられないという状況。。。
どうしよう。。。
となってしまうわけです。
私が乗務中に同じような状況になるのかと言いますと、勿論なります。
但し、事前にそれは想定していますので、次の営業の展開に入っていると思います。
じゃあもっとポイントを新たに覚えていけば良いじゃないかと思いますよね。
実は付け待ちポイントを覚えたり、知ったりする事自体はそれほど重要ではないです。
そこが付け待ちポイントとしてなぜ良いのかを、理解する事が最も重要なのです。
表面上の知識だけを頭にインプットしたのでは、あまり意味がありません。
根本にある考え方を理解して、それを自分のものにできるかどうか。
そうすると知らなかったはずの営業ポイントがわかってきたり、推測できたりするようになってきます。
結果、効果的な営業ができるようになってきます。
最終的には独自のオンリーワンポイントが増えていくと理想的です。

②時間の経過ともに元の自分に戻っている
人間というのは習慣の生き物だな〜と自分の事を俯瞰してもよく思います。
習慣を変えるには目的意識が必要です。そして時間もかかります。
なぜ戻ってしまうのかを細かい理由を挙げたらキリがないです。
しかし1つだけ原因のキーワードを挙げるとすれば、「コンフォートゾーン」です。

Wikipedia調べによるとコンフォートゾーンとは、、、
「快適な空間」を意味する語である。心理学などでは、ストレスや不安が無く、限りなく落ち着いた精神状態でいられる場所を指す。

このコンフォートゾーンはあなたにとって良い事も悪い事ももたらします。
あなたが何かストレスを感じる場合はコンフォートゾーンに戻れば、ストレスは限りなくゼロに近づきます。逆にコンフォートゾーンに居心地の悪さを感じれば、コンフォートゾーンからの脱却する事が良いです。
もしあなたが習慣を変えたかったり、この先の人生に変化を望んでいたりするのであればコンフォートゾーンからの脱却をしなければ、変化は起きません。
これをタクシーの営業に置き換えて、考えて実行できれば良いのです。
今までの自分のやり方を少しずつで良いので、変化を加えてみると良いでしょう。
最初は皆、誰しもヨチヨチ歩きからのスタートです。他人と比較せずマイペースにやっていきましょう。

③収入を増やすための明確な理由がない
頑張る理由は力を出したい時に非常に有効になってきます。
誰しもお金はたくさん欲しいと思っていますし、たくさん稼げていた方が良いと思っています。しかし稼ぐ理由がハッキリしている人とそうでない人では、営業知識以前に根本的なメンタル部分での違いがあります。
違いがハッキリ出るのは、暇な時間帯や営業的に厳しい時の解釈です。
例えば、暇だから諦めてサボるのか、暇だからこそ営業の研究時間に充てるのかでは、長いスパンで見た時に雲泥の差が生まれます。
また私の知識や考え方をシェアさせて頂いた時の吸収力にも影響を及ぼします。
尚、お金のため・だけ・に仕事をすることはモチベーションが長続きしない事は、私自身が体感レベルで実証済みです。理由は簡単です。お金には感情が無いからです。人間が感情を殺し続けるのはメンタル的に不健康です。目的というものは簡単に定まるものではありませんが、もし無い場合は1度バカ真面目に考えてみる事をオススメします。

④流し営業と付け待ち営業の使い分けの目的が理解できていない
せっかく付け待ち場所をお伝えしても、この使い分けが上手にできる乗務員さんとそうでない乗務員さんでは全く結果が違うものになります。
タクシーの営業の基本は一般的に流し営業と言われています。
流し営業だけでも売上はある程度は作る事は可能です。
しかし流し営業にはメリットもデメリットもあります。
流し営業のメリットとして乗務員さんの腕の良し悪し関係なく、お客様との偶発的な出会いを作り出す事が可能です。デメリットは他力本願的な要素が強いので、自分でコントロールできる部分が少ないです。流し営業だけで高営収を安定的に叩き出すには限界があります。そこで繰り出す営業手法が付け待ちです。
基本的に付け待ちは流しで拾えないから使う手法だと理解してください。流しで安定的に営業ができるのであれば、それはそれで構いません。
ポイントは流しと付け待ちどちらが早くお客様をお乗せできるか、単価は低いのか高いのか、そして自分の狙っている営業絵図に会う方向に行きそうなお客様を乗せられる可能性が高いのか低いのか、主にこの3点が判断基準です。
ハッキリ言って、乗務中の頭の中は常にシーソーゲームのような感じです。

⑤私の力量不足
これは言ったらダメだろ!
はい、すみません。
ですので結果を出せるようになるまで、きちんとアフターフォローをさせて頂きます。
それが大人の責任ってやつですよね。
もしくは私もあなたと一緒に成長させて下さい。

以上、終わり。

久々の投稿です。
前回の投稿から1ヶ月以上経ちますが、未だ現場に復帰をしていません。
日報を期待してご覧になった方には、大変申し訳ありません。
そこで今日は、埼玉のタクシーを利用した時の出来事を3つシェアしたいと思います。
①埼玉県のタクシーは流し営業が禁止されている
これ知ってましたか?
何故なのか運転手に聞くと。
「そういう決まりだから」
答えになっていないじゃん。笑
じゃあ営業方法はどうすればいいんですか?と聞くと。
「駅付けなどの指定された乗り場以外もしくは迎車の2つ」
えー!?
「それと運が良ければお客様降車後の帰り際のルートで手が上がれば乗せられる」
との事。
ちょっとビックリでした。
それで収入になるのか聞いたところ。
「それなりですねえ。」
との回答。
収入についてはプライバシーの侵害に当たるので、あまり突っ込んで質問できない。
東京の運転手からしてみれば、どこでも好きなところを流して営業するのが常識なため驚きを隠せませんでした。
恐らく埼玉で高成績で帰ってくるには、上得意を何人持っているのかで決まるのだろうと思います。
もし埼玉でタクシードライバーとしてある程度まで稼ぎたいのであれば、接客やコミュニケーション磨く以外に道は無いのでしょう。
②雨の日に自宅から最寄り駅のタクシーに乗車した時の事
行き先の目印を伝えると、、、
「○○道路にあるやつですよね。」
「埼玉詳しく無いのでわからないです。道案内はできます。」
「えーっと、、、」
「確か向かいにセブンイレブンがあります。」
「あ〜、わかりました。やっぱり○○道路のところですわ。」
「じゃあお願いします。」
するといつも走らない方向へ行こうとするので。。。
「ちょっとちょっとどこへ向かっているんですか。」
「え?」
「ロータリーに戻ってください。」
「はい。」
「そこを左で2つ目の信号を右です。」
「お客さんねー、この道は信号待ちが長いんですよ。」
「あ、そうなんですか。」
「さっき行こうとした道は信号がない早い道だったんですよ。」
「あ、そうだったんですね。それはすみませんでした。」
「まあでも大して変わらないのかもしれないですけどね。」
「余計な事を言ってすみませんでした。」
するとワンメーターなので、すぐに到着。
お札を一枚出して、お釣り入りませんと降車。
ん〜、やはりコース確認は絶対に重要だな。
と改めて思わされた出来事でした。
③大宮駅のタクシー乗場から浅草まで乗車しようとした時の話
時間は平日の16時30分頃、急ぎの用事だったためタクシーが最速。
行き先は浅草近く。
きちんと乗場に並んでから乗車。
乗車前になんとなく確認を取った方が良さそうだと思ったので、後部ドアが開いても乗り込まず、頭だけ車内に突っ込んだ状態で運転手さんに尋ねました。
「行き先は東京ですけど大丈夫ですか?」
「東京は行けないよ。」
えー!?
嫌な予感的中です。
仕方なく後ろに並んでいた若い女性にタクシーを譲ります。
次のタクシーは恐る恐る寄せてきて不安げにドアが開く。。。
例の如く、頭だけ車内に突っ込んだ状態で運転手さんに尋ねました。
「行き先、東京ですけど大丈夫ですか?」
「ごめんなさい、無理です。」
「えー?行けない理由は何ですか?」
「これやったら会社に帰らなきゃならないから。」
「う〜ん。。。わかりました。」
急いでいるのに、こんなところに予期せぬ弊害があるとは。
渋々、先の女性客の後ろに並んでした中年男性にタクシーを譲ります。
何だか周りの視線にだんだん恥ずかしくなってきました。
悪い事をしているわけでは無いのに、何でこんな思いをしなきゃ行けないんだ。
次のタクシーはどうかな。
すると前のタクシーと違い、サッ!とスムーズに乗場の先頭にストップと同時に後部ドアが開く。
「はい、どうぞ。」
と明るい声が明るいトーンです。
例の如く車内に頭を突っ込んだ状態で運転手さんに尋ねました。
「行き先は東京ですけど大丈夫ですか?」
「はい、良いですよ!」
「え?本当に良いんですか?」
「はい、大丈夫ですがナビ入力させてもらっても良いですか?」
「はい!東京都台東区。。。」
しばらく走行すると、、、
「下道で行かなきゃダメですよね。」
「いえ、高速でお願いします。」
「良いんですか?ありがとうございます。」
しばらく走行すると、、、
「運転手さん、僕の事を乗車させる前は不安じゃなかったですか?」
「はい、不安でした。笑」
「そうですよね、前の2台に断られる客って何だろうって不安に思いますよね。」
「はい。笑」
「ちなみに前の2台は乗車拒否に当たらないですか?」
「本当はダメです。」
「ですよね。」
「もしかしたらナビが付いていないとかで不安だったんじゃ無いでしょうか。」
「ああ、そういう事か。ナビの有無までは確認していなかったですわ。」
「あの会社はナビ付いていない車が多いんですよね。」
「であれば納得。」
しばらく走行すると、、、
「僕みたいなタクシーの乗り方する人って埼玉では多いんですか。」
「いや、ほとんどが近距離です。」
「もしかして迷惑じゃなかったですか?」
「いえいえ、とんでもございません。」
「やっぱり埼玉の運転手さんも長距離は嬉しいもんなんですか。」
「私は嬉しいです。」
「なら良かったです。」
とここで私の電話に着信が入ったので、運転手さんに断りを入れて、電話に応対。
何やかんや話ているうちに目的地に到着。
↓もちろんマンシュウです。

運転も接客対応もスムーズで良い運転手さんでした。
帰りはきっと渋滞だったのでしょうが、気分良く帰ってくれたら幸い。
と思いました。
最初の2台に立て続けに乗車を断られたときは、どうなる事かと思いましたけどね。
東京のタクシーだったらほぼ有り得ない事が、埼玉のタクシーでは起こったのでした。
ん?よく考えたら、東京でも稀にこういう事あるか。笑
以上、シェア終わり。

日付2019年4月16日(火)病院通い
天気 晴れ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
掲題の通り、私いま病院に通っています。
先日14日(日)午前11時、大崎警察署へ事情聴取に行ってきました。
追突事故以外は何%か注意義務を問われ、、、そして、、、
「止まってから1秒後に当たっているとなると、注意義務をご理解頂く必要があります!?」
なんだとぉ!?
知らなかった。。。
初めて聞きました。
ん~、勉強不足でしたねぇ。
まぁでも、0:100で事故処理が進んでいるようなので良しとしましょう。
ところで今日は保険屋さんに先日の大崎警察署までの交通費を連絡したり、保険屋さんから重要書類が届いたので、下記の書類について電話で確認したりしました。
取り急ぎ必要な書類は「同意書」なんだそうです。
保険屋さん用と医療機関用の2枚。
さきほど必要事項を記入の上、返信用封筒に入れてポストに投函してきました。
その他には休業損害証明書や通院明細書、振込先連絡票などが入っていました。
これらの書類は、治療や休業など全てが終わってから提出。
全て終わるまでは、タクシーからの収入は無しです。
こんな時に他の仕事もやっていて良かったぁ、と熟熟と思います。
少しでも他の収入源が有る無しでは、雲泥の差です。
そーいえば本日、お世話になっているフィクスドスター様より記事掲載のお知らせが来ました。
記事はこちら↓

主にトラブル対応についてですが、こちらが書いた文章を適切に補正して下さっています。笑
記事以外に書いてある以外にもトラブルの例は非常に多いです。
ここでは私、タク修造が思いつく中から代表的なのパターンをピックアップさせて頂きました。現役ドライバーの皆さま、またはこれからタクドラに転職を考えている人にとって参考になれば幸いです。