コンテンツへスキップ

法律関連

~優良タクシー乗り場について~
優良タクシー乗り場とは、安全・サービスの両面において一定の評価を受けた運転者・事業者が入構するタクシー乗り場です。

詳しくは下記URLにてご確認お願い致します。
https://www.tokyo-tc.or.jp/business/superior-stand.html

~銀座地区の規制について~
銀座22時~深夜1時まで(深夜0時59分59秒まで)3時間は、下記の赤枠で囲まれた部分でのタクシーの乗車はできません。
これは法令で定められているもので無く、タクシー業界の決めた自主規制です。

但し指定のタクシー乗り場を除きます。
もし指導員が違反者を発見した場合、乗務員への指導や所属営業所に書類で通告されます。
乗務員証にも免許証と同じく点数があるので、くれぐれもルールを守って営業しましょう。
ちなみに乗り場は飽くまでも進入ルートの規制であり、並んでいい場所ではありません。
もし並んでいるタクシーが道交法に違反しているのであれば、違反摘発の対象になります。
お客様に於かれましては、ご理解とご配慮をお願い致します。
その他の細かいルールや、銀座地区以外でのタクシー乗り場等適正運営推進制度規制地区については下記のURLをご参照ください。
https://www.tokyo-tc.or.jp/driver/regulation-area.html

~関東運輸局による運輸規則公示内容と主旨~
タクシーの1乗務当たりの最高乗務距離を東京都の特別・武三交通圏と神奈川県の京浜交通圏と京都市の最高限度は365kmです。
日勤の場合は270kmです。
←国土交通省の資料6の23ページを参照。
高速道と自動車専用道路(首都高を除く)を利用した場合は、その分の距離は除外されます。

乗車拒否の禁止や、営業区域外でのタクシー業務営業の禁止は「旅客自動車運送事業運輸規則」や「道路運送法」等で決められています。
違反しているのが通報されて確認されたり、タクシーセンター管轄の指導員に現認されたりした場合、義務違反になり乗務員証の停止や営業停止処分が下されます。行政からの処分が直接タクシー運転手本人にはなくても、会社から運転手への罰則はあります。タクシーは日本全国のどこででもお客様を乗せたり、降ろしたりしてもよいというわけではありません。法令によって営業できる区域が定められており、乗車地・到着地のいずれも営業区域外にある旅客運送は禁止されています。
「営業区域内営業のケース」
・営業区域のA県の駅でお客様を乗車させ、同営業区域のA県内のホテルで降車させる輸送はできます。
・営業区域のA 県の駅でお客様を乗車させ、営業区域外のB県ホテルで降車させる輸送はできます。その帰りに、営業区域外のB県のホテルでお客様を乗車させ、営業区域のA 県の自宅で降車させる輸送もできます。
「営業区域外営業になるケース」
・営業区域外のB県のホテルでお客様を乗車させ、営業区域外のC県の自宅で降車させる輸送はできません。
お客様をお乗せする場所が営業区域外であった場合は、お客様をお乗せする前に目的地が営業区域であることを確認する必要があります。
もし目的地が営業区域外であった場合は、プロのタクシードライバーとしての営業センスを最大限に発揮して、お客様に事情をご説明します。そして規則のためお乗せすることができない旨、ご了承いただかなくてはいけません。

公共の輸送機関であるタクシー事業にあっては、正当な理由がない限り、乗客の運送申し込みを拒絶することは、道路運送法第13条(運送引受義務)により禁止されています。乗車拒否は違法行為として、処罰の対象になります。
但し下記に該当する場合は、罰則規定にある乗車拒否に当たらず、お客様の乗車をお断りできます。
・著しく離れた区域の運送を求められた場合。
(注)
・タクシーの規定されている乗車できる人数より多い場合。
・遠距離輸送場合に有料道路ではなく、一般道を強要される場合。
・有料道路を使用する際、通行料の支払いを強要される場合。
・車内で、お客様の法令の規定,風俗に反する行為や暴力行為に対し、制止や注意をしてもその行為を止めず、車内の安全・秩序を保てない場合。
・火薬やアルコール類、薬品等の危険物、死体や車内を著しく汚す恐れのある物を所持する場合。
・泥酔者や不潔な服装の者、周りに迷惑をかける行為をする者、付き添いがない重病人、新型・指定等の感染症の所見のある者の場合。

これらのような、その後の営業に支障が出たり、ドライバーの安全を脅かすような人は乗車できないことになっています。また安全・車内秩序のため、乗車を断らなければいけない場合もあります。
1.何らかの治療が必要なほどの泥酔状態。(道路運送法第13条2項該当)
2.泥酔しており、吐瀉物などですでに汚れている。(道路運送法第13条3項または4項該当)
3.待っている人に割り込んで乗車しようとした。(道路運送法第14条該当)
4.運賃を値切ろうとした(~まで○円で行ってくれ!とか・・・)(道路運送法第13条1項該当)
5.介助犬など以外の動物を適切な容器等に入れない状態で持ち込もうとした(道路運送法第13条2項該当)

空車タクシーは、基本的に中央線寄りを走ってはいけません。

~労働基準法36条に基づく36協定について~
時間外労働や休日勤務をする場合、労働基準監督署に届出が必要になります。
その際、会社側が労働組合と書面による協定を結ばなければなりません。
ちなみに36協定の上限を超える手当も、労働者は請求できます。
会社がルールを守らなかった場合、従業員が不利益を受けるべきものではないからです。

自動車運送事業者に対する行政処分等の基準の改正
2018年7月1日より施行
国土交通省より『自動車運送業者』に対する行政性分等の基準改正の発表
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000338.html
(主な内容)
・過労防止関連違反等に係る車両停止等の処分量定を引き上げます。
1.行政処分の強化
自動車運送事業(トラック、バス、タクシー)の運転者は、全職業平均と比較して労働時間が約1~2割長い。いわゆる過労死の認定件数も職種別で最も多い実態にあり、長時間労働の是正や過労の防止は重要な課題です。このため、2017年8月28日に「自動車運送事業の働き方改革に関する関係省庁連絡会議」において取りまとめられた「直ちに取り組む施策」においても、行政処分の強化を行う方針が示されたところです。
以上のような状況を踏まえ、今般、過労防止関連違反等に係る行政処分の処分料亭の引き上げを行うなど、行政処分等の基準について、所要の改正を行うこととします。
《改正》 乗務時間・乗務距離等告示遵守違反 (タクシー主な改正・その他あり)
・拘束時間及び休日労働の限度に関する違反
・乗務距離の最高限度に関する違反
本来、未順守が 『1件』 でも発生した際には、行政処分対象となり重複が確認された際には、さらなる 『車両停止処分量定』 の引上げが行われます。
行政処分等の基準
運輸規則第21上第1項 乗務時間等の遵守違反
・拘束時間
日勤勤務 1ヶ月288,5時間を超えない
隔日勤務 1ヶ月262時間を超えない
(1年のうち6ヶ月までは270時間まで延長可)
1勤務21時間を超えない
・休息時間
日勤勤務 勤務と次の勤務との間に連続して8時間以上
隔日勤務 勤務と次の勤務しの間に連続して20時間以上
<処分>
1.各事項の未順守
①5件以下 初違反―警告 再違反―10日車×1,1
②6件以上15件以下 初違反―10日車×1,1 再違反―20日車×1,1
③16件以上 初違反―20日車×1,1 再違反―40日車×1,1
④31件以上3名以上など 初違反―30日間事業停止
2.一ヶ月間の拘束時間超過
①1件 初違反―10日車 再違反―20日車
②2件以上 初違反―20日車 再違反―40日車
※1、2の合算が処分車両数
運輸規則第22条第1項
運輸規則第22条第1項 乗務距離の最高限度違反(30乗務に対して)
日勤勤務 270km
隔日勤務 365km
<処分>
1,未遵守
①5件以下 初違反―警告 再違反―10日車×1,1
②6件以上15件以下 初違反―10日×1,1 再違反―20日車×1,1
③16件以上 初違反―20日車×1,1 再違反―40日車×1,1
<処分例>
乗務時間遵守違反―16件以上 初違反―22日車+20日車 再違反44日車+40日車
乗務距離最高限度違反―16件以上 初違反―22日車 再違反―44日車
合計 初違反―64日車 再違反―128日車
↓初違反―64日車
約5名の1ヵ月乗務数=64人の公出1回分
↓再違反―128日車
約10名の1ヵ月乗務数=128人の公出1回分
※停止車両の一例
3台 21日×2台 22日×1台 21日+21日+22日=64日
5台 25日×2台 26日×3台 25日+25日+26日+26日+26日=128日
このように監査が入った場合の車両停止処分が重くなっています。

《月間拘束時間》
4月度270 5月度262 6月度262 7月度262 8月度270 9月度270 10月度262
11月度262 12月度270 1月度270 2月度262 3月度270
特に総労働時間については、従来通りで変わりはありません。
各自ご確認をお願い致します。

~タクシー委員会確認事項~
5項目あるうちの4番目に面白いものがあったので下記に抜粋します。
アオリ行為について
1.揚高の目標は、労働協約や法律及び諸規則に違反せざるを得ないような不当に高い額の表示は行わない。
2.揚高を強要する通称、お座敷とよばれる個人的アオリは行わない。
3.揚高表に色や印、及びアンダーライン等をつけ、乗務員に見せるようなことは行わない。
4.早出出庫を強要しない。
ここで言うアオリ行為とは、前方の車を威圧するようなアオリ行為では無く、乗務員の売上に対する運行管理者のアオリ行為の事です。違反現場をICレコーダーなどで録音して、労働基準監督に行けば運行管理者の首が飛んでしまいます。この鋼の剣を抜く前に、足切りくらいの売上は最低限できるようにしておきたいものですね。

上記画像のチラシは都内のとある有名な客待ち場所にて、婦人警官から頂きました。
「お客さん来てますけど、ここは客待ちはできませんからね!」
すると本当に左側からお客様がいらっしゃり、右側には相変わらず婦人警官。
両サイドアタックされる人気者のタクシー、違う意味で首が回りません。笑
注意喚起で終わりましたが、くれぐれも気をつけて営業しましょう。
そもそも都内はタクシーが多いで、タクシーの事故率が高いのは自然の摂理ですけどね。

合わせてティッシュとマスクを頂きました。そのティッシュに入っていたのが自転車マナーカードです。これは自転車に乗っている人に渡すべきなのでは?
なぜタクシー運転手に?いちいち聞いているほど暇ではないですし、理解したところで相手の業界に対する影響力を考えたら、現状は変わらない可能性が高いので、質問しませんがね。
警視庁が考えている事はよくわかりません。

子供はヘルメット着用、、、大人もあった方が良いと思いますけど。
6歳未満の子どもを1人乗せるなどの場合を除き、2人乗り禁止、、、幼稚園の年長さんになった我が子のママチャリ送り迎えは、誕生日を迎えるまでって事なんですね。もし事故にでも遭遇し、警察官に事情聴取されたらバレますね。そんなので2万円以下の罰金かぁ。科料の納付を命じられているママを1度で良いから見てみたいです。笑

東京駅八重洲口の優良タクシー乗り場が2018年12月3日から「3台同時乗車」が可能となりました。これまでの待機所から乗り場までの流れが悪く、空車がある状態でも乗客の列が出来ていた。東京タクシーセンターが管理する乗り場のうち、複数台に同時に乗車が出来るのはほかに、5台の羽田空港国際線、2台の銀座1号の両優良乗り場となっている。現在外国人観光客も多く利用する八重洲口乗り場では同日12月3日、待機所に「外国人旅行英語検定合格者・ワゴンレーン」を1レーン新設し、ほか5レーンを「一般・UDレーン」として運用しています。
タクシーハローワークより引用