コンテンツへスキップ

Meeting&添乗

このページは、ミーティングと添乗の申し込みページです。
○ミーティングとは、売上を作るための考え方を座学的に、カフェや自宅、その他公民館などで考え方を共有する事です。基本的には私の知識と経験をお伝えする時間となりますが、その他ご希望があれば相談に応じます。現段階でのミーティング会場は、基本的に上野駅周辺で行っております。尚、スカイプや電話でのミーティングについては、現在は行っておりません。予めご了承ください。またその他に打ち合わせ場所等の希望があれば、お気軽にご相談ください。
・1時間コース:1,000円(2回目以降無料)
・2時間コース:2,000円(2回目以降1,000円)
・3時間コース:3,000円(2回目以降2,000円)
○添乗とは添乗教育の事です。またの名を乗務サファリと言います。
目的は勿論、売上の向上です!
現場で生々しいお客様との出会い方を、リアルに伝授させて頂きます。
また受講生のレベルに応じたものを習得して頂きたいとも思っております。
尚、添乗終了後は最寄り駅で解散になりますが、ご希望等がある場合は応相談。
・車の持ち込みが有りの方
2時間コース:3,000円(2回目以降2,000円)
3時間コース:4,000円(2回目以降3,000円)
・車の持ち込みが無しの方(料金設定は車代+燃料代込み)
2時間コース:6,000円(2回目以降5,000円)
3時間コース:7,000円(2回目以降6,000円)
※ETCカードをお持ちの方は当日忘れずにお持ち下さい。


料金のお支払いは、当日のミーティングもしくは添乗を終了後に現金のみで承っております。当日のスケジュールにもよりますが、延長の場合はミーティング・添乗どちらに付きましても1時間単位で+1000円でお引き受け致します。領収書が必要な場合は、事前にご連絡ください。またミーティングや添乗などで、一度お会いした方につきましては、メールやライン等での質問や疑問に対しての回答を無料で行なっておりますので、お気軽にご連絡ください。※電話やスカイプ等での相談の受付はしておりません。
ミーティング&添乗のそれぞれ、2回目以降のお申し込みについては1,000円割引のキャンペーンを実施中!!2回目以降のお申し込みもお気軽にどうぞ!
尚、初回にミーティングで次回に添乗、初回に添乗で次回にミーティングという場合には、キャンペーン適用外ですので予めご了承ください。それぞれ初回の料金でお願い致します。
下記にミーティングまたは添乗に参加された方の声を抜粋!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・今日は短い時間でしたが、色々とありがとうございました。今後色々情報交換できたら幸いです。営収が安定するまで頑張りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
(28歳男性O様、東京四社タクシー会社勤務、乗務歴7ヶ月)
・修造さん!!先日教えてもらった付け待ちや流しの方法で、日曜日に5万を超えました!!加えて昨日は会社で1位も取りました!(ラッキーもありましたが!)
修造さんのミーティングのおかげです!ありがとうございます!!!
(36歳男性T様、チェッカーグループ勤務、乗務歴2ヶ月)
・先日はありがとうございました。
先程、修造さんに教えて頂いた場所に付けたところ、いきなり茅ヶ崎までのお客様を乗せられました。とても嬉しかったです。まだミーティング後初日ですが、売上アップできそうです。ありがとうございました!
(32歳男性H様、東京四社グループ勤務、乗務歴2年1ヶ月)
・修造さんとのミーティン後は毎出番、最低一回はロングが出るようになって営収が安定するようになりました。水曜は皆売上が良かった日でしたが、自分は銀座に入り浸りマンシュウ3回も引けてハンドル時間11時間で税込み6.5万、金曜は1マンシュウ以外に2マンシュウも引けて良い数字で終われました。数字を出せるようになれたのはミーティングで銀座の営業方法を教えて頂けたからです!
(33歳男性K様、東京四社グループ勤務、乗務歴2年2ヶ月)
・おとといの日曜は出番でしたが、付け待ちポイントを活用させていただきました。
効果ありで助かりました。その日は税込み9万超えで、日曜での最高額になりました。
タクさんに教えていただいたおかげです。
(43歳男性T様、東京四社グループ勤務、乗務歴6ヶ月)
・教えてもらったポイントで羽田空港出ました。夜はお陰様でロングをたくさん引けて売上アップしました!ありがとうございました!
次は他の場所も教えてください(^ ^)
(38歳男性S様、グリーンキャブグループ勤務、乗務歴2ヶ月)
・営業結果、自分の最高記録を大幅に上回り、1つの目標だった平均7万円以上を初めて達成できました。
苦手だった土曜日も、7万5千円を超えて過去最高の営収となりました。
実車率の上昇、そして青タンの営業範囲も大きく広がり、
何より、青タンの営業収入が大変安定してきた手応えをつかみました。
本当に修造さんに会いに行ってよかったと感謝しています。
(39歳男性Y様、東京四社勤務、乗務歴1年4ヶ月)
・この前、税込10万を超えて激戦の金曜で1位を取りました!
修造さんのおかげです!!また時間ある時はミーティングさせてください!
(37歳男性W様、チェッカーグループ勤務、乗務歴4ヶ月)
・タク修造さんに教えてもらってから高速仕事が増えました。
またお客様をお乗せするポイントがわかったので、気持ちに余裕を持って乗務することができています。ストレスフリーで仕事ができるのは本当に有難いです。
また宜しくお願い致します。
(39歳男性S様、東京無線グループ勤務、乗務歴3ヶ月)
・おかげさまで月間売上平均が¥7,000もアップしました。最高売上が税込11万円に到達したのには驚きでした。社内の人たちにどうやって売上できるようになったの?と質問されて大変です(笑)。また会社の研修でも私の営業内容がクローズアップされるようになりました。今後はより効率的な営業ができるように頑張っていきたいです。わからない事が出てくると思いますので、その時は質問させて下さい。
(44歳男性H様、東京四社グループ勤務、乗務歴7ヶ月)
・今日はありがとうございました。意外と単純な事に気付けていない事がわかりました。自分のやり方は最初は数字が良かったかもしれないですが、根本的な考えが間違っていました。平均9万目指して頑張ります。
(29歳男性T様、東京四社タクシー会社勤務、乗務歴1年1ヶ月)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
どうせ乗務するのであれば、たくさんのお客様にご乗車頂きたいものです。
腕の良い人にとっては、乗車数よりも客単価と売上と反論されそうですが。
ただ基本は回数こなす事だと私は思います。
そこで私なりの基本テクニックを下記に載せていきます。
基本的にタクシーの売上を上げる方法は、4つしかありません。
1つ目は基本中の基本の流し営業。
犬もあるけば棒に当たるという諺がありますが、流し営業はそれに近いものがあります。
但し、棒に当たりやすい流し方もあります。
2つ目はお客さんの乗るポイントでの付け待ち営業。
基本的にお客様がご乗車しやすいポイントは都内にたくさんあります。
3つ目はホテルやタクシー乗り場での並び営業。
平均待ち時間と客単価を天秤にかけて、上手く利用しましょう。
4つ目は予約のお客さんや無線配車での営業。
朝の5時~7時くらいの無線は、経験上おいしいお客さんが多いです。
~私の見解~
基本は1と2を併用しながらの営業で、3と4はおまけくらいの考え方で仕事をすると、効率良く売上を伸ばすことができます。流すだけではなく、お客様にご乗車頂けるポイントを巡りながら、仕事をこなしていきます。3のホテルや乗り場は、よっぽど並びのタクシーが少ないとき以外は、当てにしない方が良いでしょう。
~基本テクニック~
●空車時営業中の走行速度は、スピードを控える
スピードを控えることのメリットはたくさんあります。
例えば、、、
・お客さんから発見してもらえる
・事故防止になる
・会社と地球に優しい
・お客さんを急に発見しても、スピードを控えていることで急に止まれる
●空車時営業中は、必ず左車線を走行する
日本の道路は左側通行であり、ドアの開閉は後部左側で行います。
そのためお客様は運手席から見て、左側に立っていることが通常です。
ちなみに法令での原則は、空車時に中央車線を走ってはいけないことになっています。
●信号待ちで先頭を取る
・先頭で止まっていると目立つので、お客様から発見して頂きやすくなる
・横断歩道を渡ってきて、ご乗車頂ける可能性がある
・信号で止まっている間に、前方の道路に空車タクシーがいない状況を作れる
●左折を利用する
・左折時に横断歩道を渡ってきた人にお客さんがいるかもしれない
・左折後の先にお客さんが立っている可能性がある
※右折だと左折優先のため、左折のタクシーに取られてしまう
●前方を走っている空車タクシーとの車間距離を充分に取る
空車の後ろを走っていてもお客さんと出会う確率はグーンと減ります。
前方の空車タクシーとの距離を取りましょう。
応用テクニックとしては、時間差営業も良いでしょう。
前方の空車とかなり離れるまで、左に寄せて1分ほど止まってからの再出発。
●普段から空車タクシーが客待ちしているポイントをよく記憶しておく
お客さんが乗るポイントなのに空車がいないということは、そこに止まればお客さんをすぐにお乗せできる可能性があるということです。
ただし警察やタクシーセンターなどが指導に入っていて、出払っているという可能性もあるので充分に注意しましょう。
●空車がいない方向にハンドルを切っていく
空車がいる方向に走っても意味がありません。
流し営業をするのであれば、空車のいない方向にハンドルを切っていきましょう。
例えば対向車線の最後に空車の右折タクシーがいたら、選択肢は直進か右折になりますね。
ただし右折はお客さんを取れる確率が少ないので、できるだけ右折は避けましょう。
●ライバルが多く暇なときは、、、
お客さんだけを探すのではなく、空いている付け待ち場所を探しながらお客さんを探しましょう。
そのためには普段からタクシーがどこでお客さんを待っているのか、よく観察して記憶しておきましょう。
●高単価のお客さんと出会える可能性の高い場所で、休憩を取る
タクシーは所定の休憩時間を取らなければなりません。
ただ単に休憩を取るのではなく、お客さんを待ちながら休憩消化しましょう。
●イベントなどの情報は、必ずチェックしておく
最初の1年目は、お客さんをお乗せするポイントがわかりません。
なので私の1年目は、イベントが何時にどこで開催するのかを調べてから出庫していました。
●時間と曜日、日にちや時期によって人の動きは変わるので、どのように客層や乗車の仕方やシチュエーションが変わってくるのかを知る
●売り上げを・落とさない・ために
できるだけお客さんが降車された場所から近い場所で、次のお客さんと巡り合うようにハンドルを切っていきます。
●自分の会社の主要地域で営業する
例えば会社によって使えるたチケット、使えないチケットがあります。
チケットが使えないタクシーには乗車しません。
またお客さんを乗せるポイントによっては、ほとんど乗ってくれない場所もあります。
●忙しい時や帰庫しなければいけないとき以外の無線は、キャッチすること
ちなみに私の会社の無線のお客さんの平均利用額は、2000円以上です。
日中に2000円以上乗車してくれるお客さんは、そう多くはありません。
無線は取った方が、良い場合が多いのです。
●無線が鳴る時間と鳴るエリアを把握しておくこと
平日や土日でも人の動きは変わります。
ある程度は統計が出ていますので、無線仕事の上手い乗務員さんに聞いてみましょう。
●他のタクシーをカマして、そのタクシー運転手さんのお客さんを奪わないこと。
タクシーはお客さんに貢献して、喜ばれるものです。
あなたがカマしたその運転手さんも、いずれあなたのお客さんになるかもしれないのですから。
但し、度が過ぎるほどダラダラ走っているタクシーは追い越して大丈夫です。
●高速で行けるようなところは、必ず高速をオススメする
例えば新橋から大森なら第一京浜で行っても、汐留から鈴ヶ森まで高速に乗っても料金は変わりません。浜松町から荏原なら下道で行っても、芝公園から荏原まで高速に乗っても料金は変わりません。戸越も同じ。
同じ目的地に行くなら早く着いた方が、遅く到着するよりも高時給の仕事になります。
また料金が高くなったとしても、高速に乗って早く着いたほうが喜ぶお客さんもいらっしゃいますので、よくコミュニケーションを取ってお伺いしてみましょう。
●お客様が降車して頂く際に交差点を指定されたら、わざと交差点の手前で降車させる
常識では交差点の手前に車を停車させることは、迷惑なので考えられない行為です。
赤信号であれば良いのですが、青信号だと後ろからクラクション前提です。
問題は交差点の手前がお客様の乗るポイントかどうかです。
それの応用編は、わざと道の繁華街の道の真ん中でお客様に降車して頂き、自分より後ろの空車を塞き止めるという技です。
塞き止めている間に前方を空車がら空きの状況を作り、自分の営業スペースを確保できます。これも後ろからクラクション前提行為です。
~上級テクニック~
●残念ながらここでは公開できません。
もしあなたが本当に知識と実践を学びたいならこちらにどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ナイト勤務2年間(2015年と2016年)で、合計収入2000万円超えのメンタリティー、考え方、テクニックを伝授!
あなたも年収1000万円超えのタクシードライバーになろう!!
ここだけではお伝えしきれない、現場での生々しいお客様との出会い方がきっとそこにはあります。